うつ病をチェックすることは早期治療につながるので気になるのであればチェックしよう

若年層もかかるうつ

悩む女性

思春期うつは早期発見が鍵

うつはストレス社会と呼ばれる現代では誰にでもかかるリスクのある病気です。働き盛りや子育てに忙しい世代だけではなく、後期高齢者もかかりますし、反対に小学生などの若年層にもなり得ます。とくに中高生はいわゆる思春期でそもそもの精神状態も不安定になりやすい時期のためうつとの判別が非常に難しい世代と言われています。なかでも高校生はほぼ親からの自立も完了しつつある年代で、家庭以外にしっかり自分の世界が存在する年齢。進路への悩みや交遊関係でのストレスなども大人と同様にあるが、自身に及ぶ身体症状を上手に回りに発信するのはまだ苦手という難しいお年頃です。そこで、高校生でも自分で簡単にできるうつ病チェックがあるので、それを利用する事で早期治療開始に繋げていきたいところです。うつ病チェックリストは家族でも利用できます。高校生であればまだ親元にいる事も多いため、自覚症状よりも他覚的な症状からうつが見つかる場合も少なくありません。若年層のうつの場合、気文の落ち込みはもちろん、イライラという形で出る事も多々あり親としては思春期だからと勘違いしてしまいがちですが、それ以外に変わった様子がないかはしっかり見ていく必要があります。

中学生や高校生がかかるうつ病も病院で治療を受ける場合の専門科は精神科です。大人と同じように抗うつ剤の内服ができます。また、不眠症状がある場合は睡眠導入剤など対症療法を受ける事になります。ただし、高校生の場合は身体は既に大人と同様に成長していますが、精神状態は未熟な事が多く睡眠導入剤を多量接種してしまうなど危険行為に及ぶ可能性もあるので、家庭では親の管理のもとで治療を行うのが望ましい状態です。思春期のうつの場合、気分障害はもちろんですが身体症状が出やすいと言われています。気持ちの症状だけでなく頭痛や腹痛、または原因不明の視力低下など身体の症状が現れてしまうという事です。うつ病チェックリストを見ると頭痛などの身体症状項目があるのはそのせいです。いつもと違う体調不良が続いたり気分が落ち込んだりする時には、ここ1ヶ月程度の体調を元にしてうつ病チェックを行い、うつ病が疑われる場合は早期に病院を受診しましょう。病院を選ぶ際は長期的に通う事も考慮して、受診しやすい立地や診療時間か等をチェックするとよいでしょう。

Copyright© 2019 うつ病をチェックすることは早期治療につながるので気になるのであればチェックしよう All Rights Reserved.