うつ病をチェックすることは早期治療につながるので気になるのであればチェックしよう

若い人のうつ病について

悩む人

早期発見の重要性

長時間労働や人間関係、いじめや失恋など様々なストレスやマイナスな出来事が原因で発症してしまうのが、うつ病と呼ばれる病気です。近年うつ病になってしまう人は非常に多く、高校生や中学生でも発症してしまうことは珍しくありません。一度うつ病になってしまうと、完治するまでには非常に長い時間がかかります。薬を使って少しずつ気持ちをコントロールすることが必要になりますので、体への負担も大きいと言われています。そのため、大切なことは発症を予防することです。好きだったことにも興味がなくなってきた、幸せを感じることが少なくなってきた、などうつ病の特徴的な症状が現れたと感じたら、まずは自分でうつ病チェックを行いましょう。うつ病チェックは、スマホやパソコンがあれば誰でもすぐに行うことが出来ます。高校生なら、学校の休み時間にすることも出来ます。簡単な質問事項に答えるだけで、うつ病の可能性のパーセンテージが算出されます。結果次第では、すぐに心療内科や精神科を受診することが必要になります。

高校生や中学生など、若い人がうつ病になってしまうと、その後の人生に大きく影響が出ます。すぐに治療を開始し、乗り越えることが出来ればそれは強い自信となりますが、治療が長引き回復の兆しがないと、大学生、社会人になったときも病気が尾を引きなかなかうまく社会に適応出来なくなってしまいます。また、若い人は抗うつ剤などの強い薬を長期間使用するのは望ましくないと考える医師もおり、投薬治療を行えないケースもあります。そのため、治療に時間がかかることも珍しくありません。うつ病チェックで疑いが濃いと出たら、まずは病院へ行ききちんと検査を行います。うつ病チェックの結果はあくまで可能性を出すものですので、うつ病かどうかの正しい診断は専門の医師が行う必要があります。血液検査や脳波の検査、問診を行い、症状の度合いなどを見ていきます。高校生や中学生は学校に通いながら通院ということになり負担が大きいため、学校によってはスクールカウンセラーが学校に来て、カウンセリング治療を行うこともあります。

Copyright© 2019 うつ病をチェックすることは早期治療につながるので気になるのであればチェックしよう All Rights Reserved.