うつ病をチェックすることは早期治療につながるので気になるのであればチェックしよう

メリットと種類

悩む女子

メリットや種類はどんなものがあるの

ストレスの多い現代社会では、高校生でもうつ病になる可能性があります。体は健康でお金持ち、友達が多いなど一見するととても幸せそうに見える人でもちょっとしたきっかけでうつ病になる可能性があるので、何かおかしいなと感じたらうつ病チェックをすることがおすすめです。うつ病の初期症状と特徴は、人によって異なります。一般的にうつ病の予兆としてあらわれる症状は、ひどい疲労感やだるさ、気を張りつめている感じや不安感などです。他にも何か落ち着かなかったり、何をするにも面倒になったり、気分が晴れなかったりすることもあります。これらの気持ちの症状以外にも、睡眠障害や食欲不振、頭痛などの体の症状としてあらわれる場合も多いです。またこれらの症状は、自分が気づくのではなく家族が気づくケースもあります。うつ病チェックをするメリットは、うつ病を早期発見して早期治療ができる点です。うつ病は早期に発見してすぐに治療を行えば、治療が長引くことが少ないといわれています。高校生でも同様のことが言えるので、うつ病チェックを行って早期治療を行うようにしましょう。

高校生であっても自分で行うことができるうつ病チェックの方法には、認知行動療法の観点からチェックできる方法や厚生労働省の無料テストシートがあります。認知行動療法の観点からチェックできる方法では、睡眠や食欲、体重や精神運動状態に関する項目をチェックすることによって、うつ病かどうかを知ることができます。選択項目によって点数が加算される仕組みになっており、合計点が0〜27点中何点かでその尺度を知ることが可能です。厚生労働省の無料テストシートも、16項目の自己記入方式によってうつ病であるかをチェックすることができます。このチェック方法は正解的に知られた精神科医によって開発されたものであるので、世界中の人達が利用しています。このようにうつ病チェックは自分で簡単に行うことができるので、ちょっと気になることがあったら気軽に利用してみるのがいいでしょう。特に高校生くらいの年頃だと、精神科に通うのは気が引けるのではないでしょうか。そのような高校生にもうつ病チェックは最適です。

日常がストレス

女性 価値観が変ってきているため高校生でもうつ病チェックが必要なときがあり、しっかりと調べてみることで対処できます。その時には必ず専門クリニックで、アドバイスをもらうことや処方箋で生活のリズムを取り戻せることもあります。

詳しく見る

若い人のうつ病について

悩む人 中学生や高校生でも、うつ病になってしまうことはあります。治療には長い時間がかかり、体の負担も大きくなるため、おかしいと感じたらすぐにセルフうつ病チェックを行い、早期発見と予防につとめることが重要です。

詳しく見る

うつ病かなと思ったとき

悩む女子 高校生でもうつ病になる可能性がありますが、それを放置しておくと大人のうつ病隣やすいので、しっかりと治療しておきます。うつ病チェックはうつ病の可能性を明らかにしますが、そこで可能性が指摘された場合、周りは正しい対応をするように気をつけます。

詳しく見る

チェックして早期発見

ストレス 多感な時期の高校生は、見た目だけではうつの症状がわかりにくいので、症状が良くわかるうつ病チェックなどを積極的に受けることが重要となります。周囲にいる大人たちが積極的に働きかけて、悩みを解決していけるようにしてあげることが必要です。

詳しく見る

若年層もかかるうつ

悩む女性 中学生や高校生などの思春期うつは気分障害だけでなく身体的症状が出る場合が多くあります。抑うつ状態や体調不良が続く場合はうつ病チェックを行い、うつが疑われる場合はなるべく早期に心療内科を受診するようにしましょう。

詳しく見る

Copyright© 2019 うつ病をチェックすることは早期治療につながるので気になるのであればチェックしよう All Rights Reserved.